包茎にはこんなリスクがある!早めの治療がベスト

コンプレックスを抱えてしまう

包茎は男性性器の問題です。男性はある一定の年齢になると包皮が剥けて亀頭が露出されるのですが、体質などによって包皮が剥けない場合もあるのです。ではこの包茎になった場合、どのようなリスクがあるのか知っておきましょう。知っていれば早めに治療を考える参考になりますよね。まずコンプレックスを抱えてしまうという事です。成長するにつれて自分が他の人と何かが違うと感じるようになるでしょう。それによって恋愛に臆病になってしまったり、学校の旅行などにも参加しにくくなる事もあるようです。

汚れが溜まりやすくなってしまう

包茎とは亀頭が包皮に包まれている状態なので、どうしても通常より汚れが溜まりやすくなってしまうのです。綺麗に洗う事ができないので恥垢がたまり雑菌なども繁殖しやすくなってしまうのですよ。症状が酷い人ほど汚れが溜まりやすくなります。また汚れが溜まってしまうと段々臭いが出てしまう原因になるというリスクもあります。自分で綺麗に洗えていない気がすると感じたら炎症などを起こす前に医師に相談したほうが安心ですよね。

パートナーとの問題について

成長するにつれて好きな人ができると思います。そうなると自然の流れで性行為が行われていくのですが、包茎の場合には菌が繁殖しやすくなっているので性病になってしまう場合があります。それによってパートナーにまで病気をうつしてしまう事にもなりかねないのですよ。また症状によっては痛みが伴ってしまう場合もあるので、できなくなってしまう事もあります。結婚ともなれば子供の事もあるので早めに治しておいた方がパートナとの関係も円滑にいくでしょう。

包茎は性器が勃起しても包皮に覆われている状態を指します。包皮によって外部からの刺激に鈍感になり、射精の際にも精液が包皮に絡まって性交に支障が及ぶケースがあります。