一つだけではない!うつ病の改善に必要な3つのポイント

うつ病の治療の基本は静養すること

うつ病の治療といえば薬を服用することというイメージを持たれるかもしれませんね。もちろん服薬をするということはうつ病の治療にとって大変重要になってきますが、それ以前にまずはゆっくりと静養するということが大事になってきます。なぜならば、うつ病がひどい時は、脳が疲れて限界を感じている時だからです。このような状態の時に無理をしてしまうと、いくら薬を服用してもうつ病の症状が一向に改善しないということがあります。仕事や家庭のことなどで気になることはあるかもしれませんが、とにかくひたすら休むということに集中することが大事になってきます。

うつ病の薬物療法とは

うつ病の治療の中心を担っているのが薬物療法ということになります。薬物療法は主に抗うつ薬と呼ばれる薬を服用することになりますが、これに睡眠薬や不安薬といった薬を併用することになります。よくあることですが、薬を服用するとある程度気分が良くなったりします。しかし、ここで薬の中断をすぐにしてしまうと、再びうつの症状が再燃してしまうことがあるので、薬の服用は状態が回復してもしばらくは服用し続ける必要があります。せっかくうつが改善しても再発してしまっては元も子もないですよね。

うつの症状がある程度回復してきたら運動が効果的

しっかりと静養して、薬物療法を行っていくと、少しずつうつの症状が軽減して、気分も良くなってきます。そこで、よりうつ病の治療によい効果を期待できるものとして運動をするということが有効になってきます。ただし、運動といっても激しい運動は逆効果になってしまう恐れがありますから、ウォーキングなどの軽い運動から始めるということが大事になってきます。特にウォーキングはうつ病であろうとなかろうと精神的に良い影響をもたらすのは誰もが認めるところでしょう。ですから、もちろんうつ病の改善にも無理のない範囲であれば有効であるといえます。

うつ病チェックを受ける際は適切な治療を受けられるように、医師が作成した正しい内容のチェック表を使用することが大切です。