ネジの種類って?何に気を付ければいいの?ドライバーの使い方って?

ねじの種類の違いって?

ねじにはたくさんの種類があります。しかし、ねじって何が違うのでしょうか?どれも同じようなものなのでしょうか?いいえ、そんなことはありません。同じように見えて、結構違うものです。例えば皿小ねじというものがあります。これは、木などにはめた時に、頭が出ないよう上が平らになっています。逆に丸皿小ねじというものがあります。これは、皿もみが施してある部材などに使用されて、皿小ねじとは逆に、頭の部分が丸くなっています。

ネジは簡単ではない!

ネジというものはとても簡単そうに見えて実はかなり難しいです。いったい何が難しいのでしょう。ネジというものはちょうどいい力で、ちょうどいい締め付き具合になります。例えば子供がねじを締めると力が足りず、締め付け不足で、ねじが緩みやすくなります。それでは強く締めればいいのでしょうか。いいえそんなことはありません。強く締めすぎてしまうと、ねじが壊れてしまいますこれによってまた、ネジの緩みが起きてしまいます。

ネジを入れるには必要なドライバー

ネジを入れるにはドライバーが必要です。ドライバーには力加減が必要になります。ドライバーの力加減をしないと上にも書いた通り、ネジが緩んでしまったり、ネジが壊れてもうネジが使えなくなったりしてしまいます。それではどうやって、ドライバーをうまく使えばいいのでしょうか。まずドライバーとネジが一直線上になるように置いてください。そして感覚として押す力が7回す力が3ぐらいの力配分で回してみてください、これでうまくいくはずです。

ねじの販売は店舗や通信販売などで行われており、その種類は豊富で、物作りや修理などさまざまな用途に使用できます。